マナーは守りましょう | ピンクコンパニオンを呼びたいならピンク温泉に行こう

マナーは守りましょう

山の中で座り込む女性

ピンクコンパニオンを呼んでの非常に楽しい宴会、普段は出来ないようなエロいことも出来るし、野球拳や足バレーなどのゲームを行って服がはだけて行ったり、酔っ払ってきてしまうとついつい魔が差してしまいがちです。
しかし、利用する際にはきちんとルールやマナーを守り、最低限行ってはいけないことを守りながら楽しむようにしましょう。

ピンクコンパニオンと呼ばれる人たちは「こういう盛り上げ方が好き!本当ならお金もいらないの!」という訳ではなく、お金をもらって仕事としてコンパニオンの仕事を行っています。
その為、店舗のサービスとして行ってもいい、やらないといけないと言われていることなら行いますが、その範囲から外れてしまうと「それは出来ません」と言い、断ってきます。
その際に「いいじゃん!せっかく盛り上がってるんだから!」と言って強引に関係を迫ろうとしたり、無理に嫌がることをさせようとしたら宴会の楽しい雰囲気も徐々に楽しくなくなってしまいますし、最悪の場合もっと大きな事件に発展してしまう可能性もあります。
なので、決して無理強いはせず、相手が演技ではなく本当に嫌そうにしている、そう感じた時には素直に謝るようにしましょう。

ピンクコンパニオン達が行ってくれるのはあくまで「盛り上げるサポート」です。
そのサポートを最大限利用して楽しむのか、それともサポートに調子に乗ってしまって場の空気を壊してしまうのか、それは利用する人次第ということを忘れず、ルールとマナーを守りながら全力で楽しむようにしましょう!